Movie 邦画

三池崇史監督の初ラブストーリー映画「初恋」のあらすじ、見どころをネタバレなしで紹介!

スポンサーリンク

[voice icon="https://chimikablog.com/wp-content/uploads/2019/12/1445003-e1578187890795.jpg" name="映画ファン" type="l midori"]映画「初恋」の見どころを知りたい![/voice]

今回は、こんな悩みを解決します!

[voice icon="https://chimikablog.com/wp-content/uploads/2019/12/23D6F2BF-A4AD-4D53-9184-9160878BBAF1-e1576853188355.jpeg" name="チミカ" type="r midori"]三池崇史監督の初ラブストーリー映画「初恋」のあらすじ見どころをネタばれなしで紹介します。[/voice]

日本の映画が好きな方はこちらの記事もどうぞ!

[kanren postid="1293"]

映画「初恋」とは?

三池崇史監督が窪田正孝さんを主演に撮った自身初の恋愛映画「初恋」。

世界で30以上の映画祭に招待されており、世界中の観客を沸かせたほか、既に全米で先行公開されています。

そんな本作が満を持して2020年2月28日に日本公開されました。

本作の魅力となぜこれほどまでに三池監督作品が海外で高く評価されているのかをご紹介していきます。

世界がエンタメの最高峰と絶賛する「初恋」!

映画「初恋」は、既に世界中を熱く沸かせています。カンヌ、トロント、オースティンファンタスティック、サン・セバスティアン、マカオ、ロッテルダムなど世界で30以上の国際映画祭に招待され上映されました。

その面白さは瞬く間に伝播し、全米で先行公開されました。

また、英米の映画批評の賛否を総括するサイト「ロッテントマト」でも97%が称賛しています。

さらに、ワシントン・ポストでは「圧倒的に面白い」、ニューヨーク・タイムズでは「すべてのショットが発明的!実に独特な発想で撮っている」、ロサンゼルス・タイムズでは「映画づくりの面白さにあふれている」、バラエティは「ぶっ飛んでる!」と世界的な一流誌がこぞって絶賛しています。

ここまで日本の作品が褒められることはめったにありません!これが本当に面白く、いかにも三池崇史監督らしい”デタラメさ”が炸裂しており、世界が「最高に楽しいエンターテイメント」と称賛するのも頷けます。

三池監督作品の魅力とは?

自由で何でもありが三池作品の魅力!

三池監督が最初に世界で評価された作品は「オーディション」です。

人体破壊を描いたホラーで衝撃的作品でした。それ以前に「極道戦国志不動」という映画がありますが、クエンティン・タランティーノ監督はこの作品を見て、「キル・ビル」を撮ったことでも有名です。

三池監督の手腕の凄さは、「極道戦国志不動」で、生首で子供がサッカーをするなど残酷なシーンの数々があるなど、他の監督とは異なった視点で作品を作るところです。

そして「DEAD OR ALIVE」は、ヤクザと刑事が戦って最期にはとうとう地球を破壊するというとんでもないストーリーで、「殺し屋1」は冒頭から鮮烈なシーンの連続で、エンドロールではクレジットが一行で全て書かれていて全く読めないという常識にとらわれず、自由に何でもアリにしてしまうところが三池監督の凄さだと思います。

今回の「初恋」はそんな三池監督の魅力を全て詰め込んだ集大成にして新境地でもある作品に仕上がっています。

「初恋」という一見さわやかなタイトルですが、コメディー、アクション、ヤクザ、ホラー、ヒューマン・ドラマにラブストーリーと様々なジャンルがてんこ盛りとなっています。

しかも、本作には多くの名作映画の要素がたくさんい入り混じっています。

例えば、染谷が演じたヤクザには、コーエン兄弟の「ファーゴ」に登場する駄目なチンピラをかぶせ、それ自体をギャグにしています。また、乱闘シーンにはデンゼル・ワシントン主演の「イコライザー」のクライマックスを彷彿とさせる場面もあります。

「初恋」のスタッフ/キャストは?

それでは「初恋」のキャストとスタッフを紹介します。

2008年のテレビドラマ「ケータイ捜査官7」のオーディションで、デビュー間もない窪田正孝を見出した三池監督は、「十年後に窪田を選んだ理由がわかる」と語った通り、約十年ぶりに本格タッグを組みました。
映画初主演作となった『殺し屋1』(01)以来のメインキャストで三池作品に復活し、負のスパイラルで転落していく悪徳刑事を大森南朋、エキセントリックな本性をむき出しにしていくヤクザの策士・加瀬を染谷将太、愛する恋人の命を奪われ、復讐に燃えるヤクザの女・ジュリをベッキーが演じ、クレージーに振り切ったテンションで見る者の熱狂を煽る。

加えて仁義に厚く力に憧れるヤクザ・市川を三池組初参戦の村上淳、組長代行は塩見三省が渋い存在感でにらみをきかせる。さらにジュリの恋人で半グレ上がりのヤクザ・ヤスに三浦貴大、レオに余命を告げる医師に滝藤賢一、歌舞伎町の占い師をベンガルと、一癖も二癖もあるキャラクター達を実力者が見事に演じきります。

そしてすべての発端となるヒロインのモニカには、3,000人の中からオーディションで選ばれた新星・小西桜子が大抜擢されました。

繊細な役柄を初々しくも大胆に表現し、新人ばなれした度胸でこの大役を演じきりました。

極めつきは昔気質の武闘派・権藤に扮した内野聖陽。ドラマ「きのう何食べた?」でのキュートなBLぶりも話題を呼んだ幅広い演技力で、散りゆく者の品格と美学を端正かつワイルドに体現しています。主演クラスのスターからニューカマーまで日本映画を背負う俳優が勢揃いとなっています!

キャスト

  • プロボクサー葛城レオ:窪田正孝
  • 悪徳刑事・大伴:大森南朋
  • ヤクザ策士:染谷将太
  • モニカ:小西桜子
  • ヤクザの女ジュリ:ベッキー
  • ヤクザ・ヤス:三浦貴大
  • 藤岡麻美
  • 顔正國
  • 段釣豪
  • 矢島舞美
  • 出合正幸
  • 村上淳
  • 医師:滝藤賢一
  • 歌舞伎町の占い師:ベンガル
  • 塩見三省・内野聖陽

スタッフ

  • 監督:三池崇史
  • 脚本:中村雅
  • 音楽:遠藤浩二
  • 配給:東映

「初恋」のあらすじ、ネタバレなし

欲望うずまく新宿・歌舞伎町。天涯孤独のプロボクサー・葛城レオ(窪田正孝)は稀有な才能を持ちながら、負けるはずのない格下相手との試合でまさかのKO負けを喫し、試合後に受けた診察で余命いくばくもない病に冒されていることを告げられた。
あてどなく街を彷徨うレオの目の前を、少女が駆け抜ける。「助けて」という言葉に反応し咄嗟に追っ手の男をKOする。が、倒した男は刑事! レオは懐から落ちた警察手帳を手に取ると少女に腕をひかれ現場を後にする。少女はモニカ(小西桜子)と名乗り、父親に借金を背負わされ、ヤクザの元から逃れられないことを明かす。さっきレオが倒した男は刑事の大伴(大森南朋)で、ヤクザの策士・加瀬(染谷将太)と裏で手を組み、ヤクザの資金源となる“ブツ”を横取りしようと画策中。その計画のためにモニカを利用しようとしていた。

ヤクザと大伴の双方から追われる身となったレオは、一度はモニカを置いて去ろうとするが、親に見放され頼る者もいないモニカの境遇を他人事とは思えず、どうせ先の短い命ならばと、半ばヤケクソで彼女と行動を共にする。

かたや、モニカと共に資金源の“ブツ”が消え、それを管理していた下っ端組員のヤス(三浦貴大)が遺体で見つかったことを、その恋人のジュリ(ベッキー)から知らされた組員一同。組長代行(塩見三省)のもとで一触即発の空気が漂う中、刑期を終えて出所したばかりの権藤(内野聖陽)は、一連の事件を敵対するチャイニーズマフィアの仕業とにらみ、組の核弾頭・市川(村上淳)らと復讐に乗り出す。ヤスの仇を自らの手で討ちたいジュリもそれに続いた。

一連の黒幕と疑われたチャイニーズマフィアのフー(段鈞豪)もまた、売られたケンカを買ってシノギを乗っ取ろうと、モニカとブツの行方を追うために、構成員のチアチー(藤岡麻美)に命じて兵力を集めにかかる。

ヤクザと悪徳刑事にチャイニーズマフィア。ならず者たちの争いに巻き込まれた孤独なレオとモニカが行きつく先に待ち受けるものとは……。欲望がぶつかりあう人生で最も濃密な一夜が幕を開けた!

引用:公式HP

「初恋」の見どころは?

見どころ① 赤塚不二夫の漫画に通じるハチャメチャ感

本作は、窪田正孝が演じるプロボクサー・レオが、ヤクザから逃げる少女・モニカ(小西桜子)を助けようとして、新宿歌舞伎町を舞台にした抗争に巻き込まれていくというシンプルな物語です。

しかし、それが見事にハチャメチャで、お祭り騒ぎのようににぎやかな作品に仕上がっています。

三池監督の作品は、まさに赤塚不二夫の漫画っぽい展開で、主人公の周りに凄く変なキャラクターが沢山出てきて、面白い展開を繰り広げていきます!

そういう意味で、今回は変なキャラとしてひときわ輝いていたのがベッキーと染谷将太。ヤクザの女を演じたベッキーは、裸足で包丁を持って歌舞伎町を走り回ったり、窓から飛び出したりと、まるでゾンビのように異様な凄みすら感じるほど本気で弾けています!

また、ヤクザの染谷は刑事と通じる策士なのですが、彼には珍しくクズでドコか間抜けな役を演じています。ことごとくドジを踏んで失敗し、やたら死体を増やしてしまいます。

刑事役の大森南朋や、昭和なヤクザ役の内野聖陽も強烈なキャラクターを演じているのも魅力です。

見どころ② 黄金の東映らしさが爆発!

純粋な主人公2人が、あらゆるものから逃げていくというストーリーは東映の伝統的パターンですね。そういう意味で「初恋」は非常に東映らしさが出ている映画です。

ただやみくもにいろんな要素を盛り込んだだけのバイオレスなエンタメでなく、どこか浮世離れした社会の底辺で生きる人のリアルな心のひだをちゃんと描いています。

随所で人間への優しいまなざしや、ユーモアも感じさせてくれるので暗い印象が全くありません。

むしろカラッとした展開で爽快感があります!

「初恋」の評判、感想は?

日本でも各界で大絶賛されています。その感想がこちら。

松尾スズキ(作家・演出家・俳優)

人の間抜けさが生む悲喜劇は、ときにシェイクスピア的。血みどろのドタバタの中から、なにか崇高な光が見えてくる。

三浦瑠麗(国際政治学者・山猫総合研究所代表

果てしない因果に人々が巻き込まれていく中で、ただ目の前の少女を守ることしかできないボクサー、レオの人間性が際立つ。人間のどうしようもなさと、希望を「初恋」に見出しました。

宮台真司(社会学者)

社会は崩れる一方だが、だからこそ誰が真に価値ある存在なのか明確になるのだろう。誰も彼も所詮はショボい・・それが明らかになりつつある今こそこの作品を味わいたい。

コレサワ(シンガー・ソングライター)

「初恋」というタイトルに騙された。ヤバい展開に笑いが止まらなかったです。こんな楽しい映画を作ってくれてありがとう!

映画「初恋」の見どころ紹介のまとめ

喜怒哀楽がジェットコースターのように駆け巡る常軌を逸したエンターテイメントである三池崇史監督初のラブストーリー!ぜひぶっ飛んだ展開と三池節炸裂の面白さを味わってみてください!

ではでは!

スポンサーリンク

よく読まれている記事

-Movie, 邦画
-

© 2020 Chimika Blog Powered by AFFINGER5