日本酒サブスク

極上日本酒が届くsaketaku(サケタク)の秘密!ソムリエ厳選方法をご紹介!

スポンサーリンク

読者
日本酒のサブスク「saketaku(サケタク)」で美味しい日本酒が届くか心配。

本当に美味しいの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

「saketaku(サケタク)」では、全国1.5万の銘柄からプロが厳選し、あなたのために届けます!

この記事を見れば、「saketaku(サケタク)」が美味しい日本酒を厳選する凄さがわかります!

chimika

「美味しさ」と「希少性」にこだわったソムリエ厳選の極上セレクション

saketaku(サケタク)が、皆さんのご自宅にお届けするまでの流れを紹介します。

日本酒はまだまだ魅力を秘めている事実

ご存知でしたか?

 

全国に1.5万もの日本酒が存在するのに、私達がその1%にも出会えていないことを。

 

私達の周りで気軽に手に入る日本酒は、多くても20銘柄ぐらいです。

 

比率に直すと「1%」にも満たない数字です。

 

日本酒マニアな人でも、実は殆どの人が「残りの99%」に出会えていません。

 

日本酒は、一本一本が再生産不可能な、1点ものの芸術品です。

 

そんな最高の日本酒を届けてくれるのがsaketakuです。

 

私達が入手困難な極上の日本酒にアクセスし、最高の状態で届けてくれるんです!

全国の美味しい希少な日本酒が飲める!日本酒サブスク「saketaku(サケタク)」がオススメ!

続きを見る

詳しくはコチラ

極上の日本酒が届くまでの流れ

saketaku(サケタク)では、1本のお酒を届けるまでに、約6ヶ月の時間をかけ、最高の1本を吟味しています。

今回は、その厳選方法を紹介します。

step
1
1.地域を決める

全国47都道府県の地域から1県を厳選します。

 

歴史や文化の違いが味わいに影響を及ぼし、酒蔵が人生をかけて作り出した味の個性を1年を通して楽します。

 

saketaku(サケタク)の利用者は、「全国の酒蔵巡りをバーチャル体験している気分」という感想が多いようです。

 

ここで全国15,000銘柄から約320銘柄に絞ります。

 

step
1
2,造り手に出会う

造り手に直接出会います。

蔵の方々の意見を直接聞くことで、ラベルや書籍、評判だけでは感じることができない「人となり」を肌で感じ、「この人だから美味しいのか」と理解できるまで取材します。

 

ここで約320銘柄から約10銘柄までに絞ります。

 

step
1
3,ブラインド・テイスティング

日本酒の製造や米作りにも造形が深いプロが、選定された10銘柄をブラインドでテイスティングします。

 

その際、スペックやラベルなどの主観的影響を受けやすい情報を徹底的に排除した「完全ブラインド」の状態でテイスティングをします。

 

注目点は、「香り・味わい・季節感・食べ合わせ」です。

 

実際に飲む人の目線に立ち、「とっておきの1本」を選抜していきます。

 

ここで10銘柄が1銘柄へ厳選されます。

詳しくはコチラ

日本酒の選定基準

ソムリエがテイスティングし、各自メモをとっている状況

saketaku(サケタク)は、単に美味しい日本酒を届けているわけではありません。

 

saketaku(サケタク)では、美味しい日本酒の選定基準を独自に定め、選定基準に沿ったお酒を丁寧に厳選しています。

 

saketaku(サケタク)は、次の6項目の基準を設けています。

 

選定基準

  • 極少量の限定生産であること
  • 地元消費率が高いこと
  • 味わいの個性が豊かであること
  • 味わいにバランスがあること
  • 季節を感じられること
  • 造り手が紳士淑女であること

これらの6つのポイントに重点を置き、日本酒のソムリエの資格を持つプロが厳格に日本酒を選んでいます。

まとめ

いかがでしたか?

 

全国の1.5万銘柄の中から、厳選していく流れに驚きますよね。

 

これだけ大変な思いをして、1本に絞っていくわけですから、美味しくないはずはないと思います。

 

しかも、プロのソムリエが厳選した酒蔵の情報や造り手のインタビュー、テイスティングシートまで同封されて皆さんのところに届けてくれます!

 

全国の希少で美味しいお酒に出会い方、バーチャルな酒蔵巡りを楽しみたい方は、ぜひsaketaku(サケタク)を利用してみてはいかがでしょうか?

詳しくはコチラ

 

スポンサーリンク

よく読まれている記事

-日本酒サブスク

© 2020 Chimika Blog Powered by AFFINGER5