お得情報

NHK受信料が最大半額になる方法

スポンサーリンク

どうもチミカです。

最近では「NHKから国民を守る党」が国政進出したことで話題になりましたが、改めて考えてみるとNHKの受信料ってなんなの?と思いませんか?

[voice icon="https://chimikablog.com/wp-content/uploads/2019/12/23D6F2BF-A4AD-4D53-9184-9160878BBAF1-e1576853188355.jpeg" name="チミカ" type="l midori"]NHKは番組がそれほど面白くないのに、受信料を払わなくちゃいけないって何だか損した気分になるなあ。できるだけ安く済ませたいなあ。[/voice]

皆さんも同じように考えていると思います。

実はNHKの受信料を安くする方法がいくつかあるんですよ!最大で半額になる方法もあるのでご紹介します。

NHK受信料は口座払い、クレジットカード払いがお得!

2019年10月に消費税が10%に増税されましたが、NHK受信料は料金を改定していないので、実は2%値下げ状態なのです。

「国営放送ばりの公共放送を名目に国民から金を取るなら安くて当たり前でしょ」と思ってしまいますが、落ち着いて考えてみるとやっぱりNHK受信料を支払うことに腹が立ちます。

現在のNHKの受信料は、地上波契約の二ヶ月払いが2,520円、衛星契約(地上波契約を含む)の二ヶ月払いが4,460円となっています。

しかし、この支払い方法を口座払いかクレジットカード払いに変えるだけで、地上波契約も衛星契約もそれぞれ月々50円引きになります。

クレジットカード払いにすれば、ポイントが付きますからクレジットカード払いの方がお得だと思います。

NHK受信料はまとめて年払いがお得!

たかが50円引きかと残念がっているでしょうが、NHK受信料は1年分まとめて支払うと更なる割引が受けられるんです!

地上波契約は通常の1年分払いだと合計15,720円かかってしまいますが、クレジットカードで1年分まとめて支払ってしまえば13,990円で済むので、1,730円もお得です!

また、衛星契約の場合、通常の支払いであれば1年で27,360円かかりますが、クレジットカードの1年分まとめ払いだと、24,770円になるので2,590円の割引になるんです!

家族割引を申し込めばNHK受信料は半額になる!

他にも、実家と生計が同じ学生の一人暮らしや、単身赴任の場合は受信料が半額割引きとなる「家族割引」という制度があります。

この制度は、私も都内に単身赴任しているので利用していますが、NHKの受信契約をすると自動で割引になるということはないので、自分で申し込みをしなれけば適用されませんので注意が必要です。

契約する際に、案内してくれるかどうかはその時の担当者によるので、私も利用するまで全く知りませんでした。知っているかどうか、申込をするかしないかで支払う金額が違ってくるのです

半額になるので、地上契約なら一年払いで6,995円、衛星契約なら1万2,385円もお得です。

NHK受信料家族割引の申込条件

NHK受信料の家族割引は、別に住んでいる家族がいる実家で受信契約の支払いをしていれば申し込みが可能です。つまり、同じ家計からの支払いは大変だから2件目から割引するというサービスなんです。

「家族割」は、複数の契約が必要となる家庭の受信料負担を軽減するために、2つの契約分から受信料額の半分を割り引く制度です。 こうした主旨から、家族割引を受ける場合は、親元や自宅などにも契約支払があることが条件となります。

NHK受信料の窓口より引用

家族割引の申込書は、NHK受信料の窓口のHPからダウンロードしたり、郵送でも取り寄せ可能です。

必要な申し込み書類は下記のとおりとなります。

[box class="blue_box"]

  1. 親元/自宅等が受信料支払いに利用している口座と同じ「口座振替利用届」
  2. 親元/自宅等が受信料支払いに利用しているクレジットカード等と同じ「クレジットカード等継続払利用申込書」
  3. 学生証(学生の方に限ります)
  4. 健康保険証または社員証(単身赴任に限る)
  5. その他、同一生計が確認できる書類

[/box]

家族割引以外に全額免除又は半額免除も

この他にも公的扶助受給だったり、家族に身体障害者や知的障害者がいる場合ですと全額免除もしくは半額免除を受けられます。

何も知らないよりは、利用した方がいいので詳しくはNHK公式HPの「放送受信料の免除について」を確認してみてください。

NHK受信料割引のまとめ

いかがでしたでしょうか。私はあまりNHK放送を見ないのに受信料を支払っていることに腹が立っていたので割引はないかと探してみたら見つけることが出来ました。

意外にNHK受信料の支払いは負担となりますから、ぜひ皆さんも支払いをお得にしてみてください。

[box class="default box" title="ポイント"]

  1. 支払いはクレジットカード払いでポイントを貯めよう。
  2. まとめて年払で最大割引にしよう。
  3. 家族の中で、学生、単身赴任がいたら、家族割引を申込んで支払を半額にしよう。

[/box]

スポンサーリンク

よく読まれている記事

-お得情報

© 2020 Chimika Blog Powered by AFFINGER5